水虫にアルコール消毒は効果があるのか!?

水虫にアルコール消毒は効果があるのか!?
MENU

水虫にアルコール消毒は効果があるのか!?

水虫にアルコール消毒は効果があるかというとあまり期待できないと言った方がいいと思います。

 

直接的に消毒できるなら、白癬菌そのものに対して、アルコール消毒は効果があります。

 

例えば、試験管で白癬菌にアルコール消毒すると殺菌出来ます(ただし、胞子は消毒出来ない)。しかし、水虫は、皮膚の奥深くまで入り込んでいる状態です。

 

白癬菌が真菌類でカビやキノコのようなものであり、表面上をどうにかするだけでなく、奥まで対応する必要があります。

 

もちろんアルコールは皮膚の奥まで浸透する事がません。そのため、皮膚の表面上をアルコール消毒したとしても、奥深くに入り込んだ白癬菌を浸透殺菌する事ができず、当然殲滅させることはできません。

 

仮に表面上の消毒を繰り返そうとするなら長期間の治療が必要です。

 

ところが、アルコールの長時間の塗布は、専用の水虫薬と違って人間の皮膚にもダメージを与える可能性が高いです。

 

アルコールを長時間接触させていると、痒みやかぶれといった問題を起こす可能性も高まります。

 

周辺皮膚を傷つけてしますと、胞子自体にはアルコールはきかないということもあり、さらに水虫を拡散してしまうというリスクもあります。

 

結局、アルコール消毒するぐらいなら、専用の水虫薬を使用するのが賢いと思います。

関連ページ

水虫はオロナインで治るってホント!?
水虫はオロナインで治るってホント!?
水虫にハチミツは効果があるのか!?
水虫にハチミツは効果があるのか!?

☆水虫が治らない<最終手段はコレだ!>☆

水虫が治らない 薬

水虫が治らない薬

このページの先頭へ