水虫が治らない<最終手段はコレだ!>

水虫が治らないその原因と最終手段を教えます。
MENU

水虫が治らない<最終手段はコレだ!>

水虫が治らない

 

水虫が治りにくい理由の1つとして、症状がなくなったからといって治療を止めてしまうことが挙げられます。

 

水虫の原因である白癬菌は人間の皮膚、特に角層の深部に寄生します。

 

この角層深部はなかなか塗り薬の成分が行き渡らないという特徴があります。

 

それでも水虫の薬を塗ると、だいたい1週間後くらいには大幅な症状の改善が見られる場合がほとんどです。

 

しかし、それはあくまでも皮膚の表面近い部分の水虫が改善されただけで、角層深部までの白癬菌までは退治できていない状態なのです。

 

ところが、「症状が軽くなったから」と油断して治療を止めてしまう人は少なくありません。

 

角層深部の白癬菌を退治しないでいると、生き延びた白癬菌が再び活動を始めて水虫が再発するようになっていきます。

 

これが水虫が治りにくいと言われるおおまかなメカニズムです。

 

このメカニズムを見ていくと、水虫が治りにくいと言われる原因の大部分は、「症状が出なくなったから治ったんだろう」と思い込んで治療を止めてしまう患者の側にあります。

 

症状がなくなったからと言って油断せずに、根気強く治療をすることではじめて水虫を治すことができるのです。

 

勝手に治療を止めることが水虫を治りにくくしている原因なのです。

 

 

適切な治療をしていない

次に考えられるのが、適切な治療をしていないということです。

 

最近の水虫薬は、効果が高いものが多いですが、逆に効果が高いがために、足にも相当の負担を与え、常に足の裏は傷を負っているような状態になっています。

 

つまり水虫を退治しても、新しい菌がまた傷口から入ってきて再発してしまうような肌環境になっているのです。

 

なので、水虫薬によって傷ついた肌をケアしないといけないのですが、その部分をおろそかにして治療していることがほとんどなのです。

 

 

治療と再発防止の両方ができる水虫薬が必要

そのため、治療と再発防止の両方ができる水虫薬が必要になってきます。

 

ここで、おすすめしたいのが「クリアフットヴェール」という水虫薬です。

 

「クリアフットヴェール」には、傷ついた足の肌環境を守り、元の状態に戻すための物質、CPL(環状重合乳酸)が含まれています。

 

CPL(環状重合乳酸)とは、人間の皮膚や毛髪のタンパク質との相性が良く、高い保水性や保湿性もあり、がん治療などにも使用しはじめるなど、近年話題となっている物質です。

 

このCPLを水虫薬に配合することで、菌が繁殖しづらい健康な足へと導いてくれます。


☆水虫が治らない<最終手段はコレだ!>☆

水虫が治らない 薬

水虫が治らない薬

このページの先頭へ